音読する中学英語

中学英語とオンライン勉強会について記録するブログです。

英語学習 嫌いの中の好きへ

オンライン勉強会の開始から約3ヶ月半。最近アキに少し変化が現れました。

いつも勉強をはじめるときに、

「英語と数学どっちからやるー?」と聞くのですが、開始当初から答えは決まって

数学!」でした。

小学校から中2にかけて育まれた英語嫌いは相当です。

「じゃあ大好きな数学からやろ~う!」と私が言うと、

「嫌いな中での好きだからっ。(数学は)好きじゃあない。」とのつっこみが。数学でそうなら、どんだけ英語嫌いなん。

 

それが最近、「どっちからやるー?」といつもの私の問いに

英語!」と、答えが返ってくるように。

いやーついにこの一言が出てきました。半年間ぐらいは、やっぱり英語大嫌いは少しも改善できないかもしれないと覚悟していたのに。 

単語だ文法だ音読だと、私が推し進めるので、もっと英語嫌いをこじらせてしまわないかと心配していました。

「そっかー!そうか。なんかうれしいなぁ」私が真に受けて喜んでいると、

「まーたまには英語もね。」とさりげない返し。照れなくていいのに。

 

明るい予兆はわずかにありました。

夏休み明け、今までさっぱり分からなかった英語のテストで、はじめて少し問題文が読めたこと。

生活の中で見かける英語表記に読めるものが増えてきたこと。「この単語、覚えたやつだっ」って家族の中で会話が弾んだこと。

アキの親からそんな報告を受けていました。

 

夏休み明けの2学期、以前のように登校を渋るのではないかと心配していたのですが、杞憂でした。

部活に、遊びに、勉強。ときどき親への反抗も。充実した夏休みだったはずです。

私がアキの勉強の手伝いを始めた目的は、学力向上そのものではなくて、学力の回復を通じて学校に平穏な気持ちで登校できたらいいと思ったからです。

勉強に対する気後れや劣等感がアキの中で暗い影を落としているなら、それを取り去りたい。

 

基礎が大きく抜けていたので、これまでは参考書や単語帳で硬い学習をやって来ましたが、これからは気楽に楽しめそうなメニューも提案してみようと考えてます。

いろんな方がブログで紹介している、アニメ、漫画、アプリ、デジタル教材などから、中1英語がわかれば楽しめて、本人が関心を示しそうなものをひとつ。

 

まだ小さな一歩ですが、英語が大嫌いから少しはましになった一歩として、嬉しい出来事でした。

 

 

*下の記事は2ヶ月前のものです。あの頃、入門テキストに載っている August(8月)や know(知る)が読めなくてあんなに苦闘していたのに、いまは同じテキストの英文を普通に読めるようになりました。慣れってすごい。

ondoku.hatenablog.jp

中1英語のつまずきへの対処

最近、アキに中1英語であやふやなところを、勉強会のはじめに音読で練習してもらい改善を図っています。短時間で手軽なわりに効果がみられるので紹介しますね。

夏休み明けから徐々に英語がわからなくなって苦手意識を持つ中学1年生も多いと思うので、少しでも参考になればと思い書きます。

 

アキがあやふやなところは、英文法の

  • be動詞の文、一般動詞の文、一般動詞で主語が三人称単数の文の3つ
  • 肯定文、否定文、疑問文、疑問文への応答文の4つ

この3×4の12パターンの文を混同してしまうという、中1英語によくあるつまずきです。アキは、これを2ヶ月前に入門テキストで学習したと思います。

ほとんどのテキストは一つの単元を集中して学ぶように構成されているので、その単元を学習したときは理解していますが、十分慣れていないと記憶が薄れて混ざってくるんですよね。

だから、この12パターンを連続して慣れるまで反復練習します。

勉強会の最初に準備運動のようなノリで、下のようなスライドを画面に示して、簡単な説明と音読練習を15分程度で繰り返します。

ポイントは元気よくでしょうか。この練習を始めるときの会話ですが、

私 「さあ、やるぞ~!」

アキ「うげー。また?」

私 「また?って。できるまでやるに決まってるじゃん!これ中1の初歩だし」

アキ「ちょっと待って、集中するわ。」

みたいな軽い押し問答があります(笑) 慣れない人には負荷の高い練習なのでしょう。

f:id:ondokustudy:20180915214210j:plain

 

説明について

初回は、ゼロから以下の文法事項をざっと説明します。文法用語の理解があやふやになっている場合もあるので、主語と動詞の確認から。

  • 主語、動詞とは?
  • be動詞、一般動詞とは?
  • 1人称、2人称、3人称とは?
  • 単数、複数とは?
  • 肯定文、否定文、疑問文、応答文の作り方は?

説明するときは、入門テキストの解説ページを開いて、文法を説明したイラストと例文を見てもらうと思い出しやすいです。

なお、検定教科書の文法解説は簡潔すぎて使えないので、入門用のやさしい参考書を使うのが早いです。

入門用の参考書については、よかったらこちらの記事をどうぞ。
中学英語の入門参考書 - 音読する中学英語

 

音読練習について

まず準備段階として、手元のノートに3つの文の肯定文、否定文、疑問文、応答文を書いてもらいます。答えに詰まるようならヒントを出しながら。

そして、次の順番で音読練習します。

1.12のパターンを一つずつ、私が音読したあとに繰り返して音読してもらう(最初はノートを見ながらでもオッケー)

2.1つの文の4パターンを私が連続で音読し、その後に4パターンを連続で音読してもらう。これを3つの文で行う(ノートは見ずにスライドだけ見る)

3.3つの文の12パターンを私が連続で音読し、その後に12パターンを連続で音読してもらう(ノートは見ずにスライドだけ見る)

 

慣れてきたら、別のスライドを用意して、

  • 主語を「人名」や「複数」に、一般動詞を「have, study」等に入れ替える
  • 文の順番をシャッフルする

などして、少しずつ難易度を上げてあげると練習になります。

中1ではこの後に「助動詞 can」「現在進行形」「過去形」を学びますが、これも混乱してきたら同じように練習すると良いですね。中2以降の文法事項にも使えます。

 

この練習の効果ですが、初回はまだ詰まりながら何とかこなす程度、2回目で結構改善され徐々にスムーズになっています。

初回はbe動詞を使った疑問文に対して、いいえの応答文に「No, he doesn't.」と、なぜかdoesを使っていました。

「Is he a student ?」

「Yes, he is.」

正「No, he isn't.」

誤「No, he doesn't.」(アキの間違え方)

一応、文法として「be動詞の疑問文には、be動詞を使って応える」と繰り返して指摘しますが、それよりも音読して何度も口と耳で慣らすのが早い気がします。2回目の練習でこの間違え方はなくなりました。

毎日15分やれば、1週間もあればさっと出来るまで慣れると思うのですが、宿題としてこの音読練習を出しても手を抜くので、もう少し一緒に繰り返してあげる必要がありそうです。

 

並行してやさしめの問題集にも取り組み始めました。以前紹介したくもんの教材です。

これは薄いので反復練習には足りませんが、やさしい問題を自力で解いて苦手意識を少しでも払拭してもらえたらと思って選びました。よかったらこちらの記事をどうぞ。

ondoku.hatenablog.jp

成果と課題をイメージしやすく伝える

夏休みが明けて今月の最初の勉強会で、アキとすこし長めの雑談をしました。

2学期が始まっても夏の特訓と同じぐらいのペースを保って勉強しないと、たくさんの課題を抱えたまま中3を迎えてしまう危機感を持っています。私だけが・・・。

この認識を本人と共有しないとまずい。

そこで、

  • 夏休みに勉強をがんばってどう変わったか(成長、成果)
  • 2学期以降にのんびりしていると今後どうなるのか(課題、見通し)

について話し合いました。

こういうとき、いつもの雑談の雰囲気ではありますが、私の中では勉強を教えるときよりもずっと集中力を高めます。

退屈な話をいつも軽やかにスルーするアキですから、お説教として聞き流されないように例え話を織り交ぜながら、イメージしやすく伝えるのに集中力を使います。

 

この3ヶ月での成長

これまで自習の習慣がなかったアキが、中2の夏休みという遊びたい時期に、毎日のように中1の復習に取り組んだこと自体がすごいと思います。

ただ、その成長を本人が実感することはなかなか難しい。夏休み明けの学校のテストも、主に中2の学習範囲から出されるので、英語と数学は得点できません。

なので、よく頑張ったと褒めてみても、自己評価とのずれが生じているのか、あまり心に響かないのです。

 

そこで、英単語カードの暗記という目で見て成果を確認できるものを取り上げて、運動が得意なアキに、走りに例えて話しました。

「英単語300個覚えてようやくスタート地点に立ったねー。これまではグラウンドを裸足で走ってたみたいなもんだったんだよ」

「!?」

「300個覚えて、裸足からようやくビーチサンダル履いたとこかな」

ビーサン・・・」

「だから英語が分からなかったのも当然。でもビーサンじゃあ、まだ走ってもみんなに追いつけないし、全力で走ったらずっこけるしね。600個まで覚えたらスニーカーで走れるよ」

「じゃあ800覚えたら?」

「運動靴かなー」

「え~じゃあ全部覚えたら陸上(競技用)の靴??(笑)」

「そうそう(笑)すごく走れるよ。中2の教科書も読めるようになる」

 

もう一つ、掛け算の九九についても話しました。アキは九九が時々あやふやで間違っていたのですが、夏休みに取り組んだ、たった10枚程度の百ます計算プリントで正確に速く計算できるようになりました。

小学2年生の算数の課題を中学2年生まで引っぱってしまった。でもそれは「難しくて出来ないんじゃなくて、練習不足だっただけだよね」

ちゃんと練習したら、案外すんなり出来るようになる。「出来ないことを、とても難しいことのように思い込まないようにしよう」。敬遠せずにぶつかろうと。

 

夏休みに取り組んだ内容はこちらです。

  

今後の課題、見通し

走る例え話をしたので、そのまま走るイメージで課題についても話します。

「アキはいま、下りのエスカレーターを駆け登っている」

「・・・?」

「英語と数学は積み上げていく教科だって前に話したよね。いま学校の授業で中2の英語と数学の授業はわかる?」

「まったく分かんない。ちんぷんかんぷん」

「だよね。それは中1の内容をいま勉強し直してるところだから仕方ないんだけど。みんなは授業を受けて中2の勉強が日々できてる。でもアキは中2の勉強ができてない。その差を埋めて追い付かなきゃいけない。下りのエスカレーターだからね、普通のスピードで歩いても登っているようでいて進んでいない。ぼんやりしてると下ってしまう。」

「あ゛ー・・・」

「学校の授業に追いつけないまま中3になっちゃうと、定期試験で点が取れない、通知簿も内申点も評価が上がらない。行きたい高校があっても、受験すら出来ないことになるかもしれない」

「だめじゃん、それ。」

「そう。だから中2が終わるまでに学校の授業に追いつけるかが肝心になる。アキは結構厳しい状況にいるんだよ。」

「う、うん。うすうす感じてたけど。」

「あんまり厳しいこと言うと、もっと勉強が嫌いになりそうで今までは遠慮してたんだけどね。そろそろ現状を伝えようかと思って」

「遠慮せずに言わないと、わたしわがままになるから駄目だよ」

「!!(笑)」

「じゃあ、これからもお願いします」

「よし、がんばろう」

 

いつも笑いながらの勉強会ですが、学校ではさっぱりわからない英語と数学の授業に出席し続け、定期的にテストの点数でその結果を突きつけらる。そんなきつい状況から早く抜けられるように。私に何ができるか考えていきます。