音読する中学英語

中学英語とオンライン勉強会について記録するブログです。

中学生の「学校の英語がわからない」状況について

今月は期末テスト対策を取り入れて中2の内容をアキと勉強しています。基礎が出来ていないので、無理があるよなあと思いながらの強行ですが。

一人でもサクサクできた中1英語の問題集とは勝手が違い、中2英語の教科書となると一気にわからないことだらけです。

「英語の教科書勉強してないんじゃない? ここ先週ちょっと説明したところだけど…」

「うん。だって英語のテスト捨ててるもん。学校の授業全然わかんないし」

「!」なに~。あっけらかんと。

半年前ならわかるんですけどね。でも、いまは教科書ガイドとCD、簡単な入門書もそろえているので、授業が分からなくても自分で対応できる手段は用意してます。

 

アキと話していて、特に問題だなーと感じたのは、学校の授業やテストの意図するところと、本人の取り組み方が大きくズレていること。

学校の先生の指導は、英語を理解するだけではなく、英語を使う、できることを目的としているんですね。

だから、授業も試験も英文の内容の理解はほどほどに、英文の暗唱、会話の練習、和文を英文に訳せみたいなことが中心となってきます。小テストも教科書の英文を暗唱すると解けるような、和文を英文にどんどん訳すものが多いです。それ自体はいいことなんですが。

 

問題はそういった授業、テストへの取り組み方です。

アキの場合、英文の内容がわからなくても、どんな意味の文章か理解しないまま、山をはって、教科書の出題されそうなページの英文を丸暗記しようとするんですね。まるで記号の羅列を覚えるような作業をしようとするわけです。

そして、丸暗記すると小テストではそこそこ得点できてしまう。だから、定期テストもそれをやらなければ何も書けないのでまずい、と思うようなんです。

意味もわからないまま英文を暗記してテストを受けるって、それはそれですごいなと思うんですが…。

英語のテストで平均点を取れていない中学生の、英語がわからない、授業についていけないって、いまはこうゆうことになっているのかも、と思います。

昔は、予習で教科書の英文をノートに写して、分からない単語を辞書で引いて、英文の和訳を自分なりに作り、授業は訳読の解説が中心という時代もありました。

その是非は別として、授業で説明を聞けば教科書に何が書かれているか、最低限の内容の把握は出来たはずですが、いまはそれと状況が異なる。

 

英語がある程度できる子にとっては、英文を暗唱した上で、話したり、書いたりする、アウトプット重視の授業は実践的で有益でしょう。ですが、できない子は適切なインプットがないまま、わけも分からず記号を覚え、吐き出し、忘れるの繰り返しになってしまう。

アキのクラスの英語の中間テストの得点分布表をみると、30点未満の子が1クラスに10人以上もいる。たぶん、その子達はみんな似たような状況にあるんだろうと思います。

授業受けるの、めちゃくちゃきついだろうな。

 

まず、教科書の英文を声に出して読めること、英文の意味がわかること。そこがスタートだよと伝えました。

言葉にするとあたり前のことですが、アウトプット中心の授業やテストに無理やり対処するうちに、文章の意味が欠けたまま、英文を記号のように暗記することが英語の勉強と思ってしまっている。

それじゃあ英語大嫌いでも仕方ないよね。

日本語訳を読んで、単語熟語と文法を確認して、何度も文章を読み込んで。そうしているうちにだんだんと、ぼんやりと覚えてくるから。

今回は教科書1ページでもいいから、わかる感覚を体験できたらいいなと思います。 

志望校を決める

最近、勉強への意欲を急速に取り戻しているアキ。苦手でもひとりでこなせるような、薄くてやさしい問題集をやり遂げることで、あんなに嫌だった英語と数学への負のイメージが少しずつ薄らいでいます。

いまなら具体的な目標、志望校を決めてもいいんじゃないかな。もっと勢いが増すんじゃないかな。そう思って、アキが私との勉強会を始める前に、最初に行きたいと言っていた公立の中堅高校を提案してみました。

「最初に言ってた高校、志望校にしたらどうかな?」

「え・・・だって、あそこは難しいんじゃないの?」

「うん。でも、いまの調子で勉強を続けて行けたら、不可能ではないと思うよ」

「!」

「合格したらお父さんもお母さんも、すごくびっくりすると思うよ」

「え~(笑)」

最近、内申点などの入試制度、偏差値などについて、私がいろいろ現実を突きつけたせいで、相当厳しい状況だとわかり本人も危機感をもっていたので、私の提案が意外だったみたいです。

公立の中堅高校、アキにとっては非常に高い目標です。きっと友達や先生に言ったら、無理無理って笑われるくらい。でも、この話をしたとき表情がぱっと明るくなったんですよね。やっぱり行きたかった、憧れの学校だったのかな。

同じ勉強するにしても、嫌々やるよりも、わくわくする目標をもってやる方が意欲的に取り組めて、加速するだろうと思いました。

一緒に勉強してみて、飲み込みが決して悪いわけではないこと、学校を休みがちだったにもかかわらず、国語、社会、理科は概ね平均点を保っていることも、判断を後押ししました。

 

志望校選びについて、いつもブログを読んでくださっている方から、コメントで各高校の制服を見せてみては?とのアドバイスを頂きまして(本当にありがとうございました(^^) 全然思いつきませんでした)、勉強会の合間に、とりあえずその学校のホームページを見てもらうことに。制服のほか、授業や部活、体育祭など学校生活の様子を撮った、きらきらした写真をいくつも見てもらったところ、すごい食いつきようでした。

いまの時期に開催されている高校の説明会や文化祭はたいてい土曜日の開催で、部活の練習が土曜日にあるアキは参加が難しくて困っていたので、たとえホームページでも写真でイメージを持ってもらえてよかったです。

回復してきた学習意欲

先月は中間試験があり、最近は算数に注力していたこともあって、英語の進捗はゆっくりだったのですが、久しぶりに英語の勉強を一緒にがんばりました。残っていた中1の入門テキストを一気に最後まで。

サクサク進むので、アキがすごく英語できるようになったのかと錯覚しそうになりましたが、そうでもなく。

「じゃあ、ここはどうなる?」

「go to the park」

「おーいいね。theがさっと出てくるなんて。英語できる人みたいになってる!」

「ふふ(笑)」

「次の文はどうなるかな」

「?・・・ホー・・・ホー」

「いやいや、ホーじゃなくてフー(Who)ね。Whoの意味は何だっけ?」

「・・・何!」

「"何"は"What"ね。"Who"は"誰"。ごめん、やっぱ英語できない人に戻ったわー。残念(笑)」

「あ゛ー」

「じゃあ疑問詞のページでおさらいしよ」

中1の最後は過去形の単元なのですが、テキストの進みが良かったのは肯定文、否定文、疑問文、応答文という流れが、すでに学んだ現在形と同じパターンだったからかもしれません。語学は対比しながら学べるようになるとぐっと楽になりますね。

 

忘れている箇所も多いので、中1の教科書で総復習をしようと教科書ガイドとCDを買って、CDの編集もコツコツやって準備もばっちり整えたのですが。
(過去の記事 中1英語教科書をやり直す

ですが、2学期の期末試験がもう今月末にあるんですよね。早いわー。その次の定期試験はずっと先、来年3月の3学期の期末試験で、試験範囲はおそらく今回に比べると広い。

試験で得点して、少しでも自信をつけてもらうなら、今月の試験が大切な機会になりそうです。言葉でいくら勇気づけてみても、試験の点数が低迷しているとやはり本人は自信を持てないままなので。

 

このまま授業の進度は無視して中1の復習を続けるか、学校の授業に合わせて中2の予習・復習をして期末試験に向けた勉強をするか、どうしたいかアキに判断を委ねたところ、今月は後者でやってみることに。

基礎は固まってない状態なのできっと難しく感じるでしょうが、これ以上授業を放置し続けるのももったいなくて。最近のアキの学習意欲の回復ぶりなら行けそうかと見込みました。

 

前回の勉強会で、アキが3日間の自習で進めてきたのは40ページ以上。

・わからないをわかるにかえる 13ページ 終了

・くもんの語順 23ページ(時間切れで途中まで一緒に確認) 終了間近

・くもんの分数 間違え問題全問やり直し(時間切れで見てやれなかった)ほぼ終了

f:id:ondokustudy:20181102220407j:plainf:id:ondokustudy:20181021122105j:plainf:id:ondokustudy:20181003123421j:plain

今までは4ページとか6ページとかの進捗だったのに、何だかちょっと頼もしくなってきました。何も指示を出してないのに。くもんの語順なんて全部で70ページしかないから、もう終わるじゃん。

予想以上に問題をこなしてきて、時間切れで下の2つは見てやれなかったので、

「追加で1時間ぐらいどこか空いた時間で勉強会しよっか?」と持ちかけたところ、

「うん。2時間でもいいわ」との返答が。まじか。やりますか。ええ、やらせていただきますとも、よろこんで。